スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西出張より戻りました。(焙煎機編)

こんばんは

先週木曜に関西出張より戻りました。
今回の出張の「店内に設置出来る焙煎機の購入と近畿圏の珈琲と食と酒の文化を知る」目的を果たしました。

開店以来、当店の焙煎は自宅で行っており昼12時から深夜未明までの営業時間、加えて休みも殆どない営業をしているので、深夜早朝、午前の空いた時間に焙煎をしておりました。
そして、当店で使用している焙煎機は、富士ローヤル 500g半熱風式焙煎機で、焙煎の容量からすれば少なく業務用としては、やはり小型なサイズになります。そして機械的な特徴を言えば、排煙口と豆の投入口が一緒の為、換気扇の真下での作業が必須となりますし焙煎後の冷却も専用の冷却器で手作業の冷却とチャフ取りをしなくてはいけませんので、この焙煎機を店内で使用した場合は換気扇とフードの工事をして作業しても店内が煙にまみれてしまいます。
豆売りと珈琲のカップ出しのみの営業であれば、多少煙にまみれてもいいとは思うのですが、当店はカップ出し、豆売り以外にも酒やフードを出し、音楽(オーディオ機器)へ影響も考えなければいけないので、店内に設置出来るサイズと性能、コストパフォーマンス等、地味にいつも悩んでおりました。

そして毎日のように「焙煎機」で検索をすること3年以上、やっと当店の身の丈に合う焙煎機を発見することが出来ました・・・
画像 1483
この機械で焙煎した珈琲を飲み、操作やメンテナンス、排気の確認し実際に自分でも焙煎を行い受注制作して頂きました。
焙煎機の細かなスペックの紹介等に関しましては、店内到着と設置、稼働時にまた伝えていきます。

当店も今月19日で開店四周年を迎えます。
店内も少しずつリフォームしながら焙煎環境も更に整えて店の原点である「自家焙煎珈琲」に一層取り組んで行きたいと思います。

画像 1482

続く・・・




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。